小桜クマネコのガリガリ娘

小桜クマネコの
ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして

小桜クマネコのガリガリ娘 ジーンとくるエロ漫画
物語の流れと私の感想をごらんください。

男は四六時中、アレしたいと思ってるでしょ

主人公のナナは断言します。

「わかっているんだから
男はいつだってやりたいんだって」

ナナに迫られ、ち〇ぽを握られて直立
ゾク… ゾク…
身動きできなくなってしまう石川。

18歳のナナのペースに
すっかりはまってしまった石川。

毎日超濃厚なセッ〇ス三昧に魅了されていくのです。

私はあなたに
なにをすればいいんですか?

ナナを自分のアパートに保護してくれた
石川に聞くのです。

なんの見返りもなく
見ず知らずのナナにパスタを作って
ごちそうしてくれることなどありえないこと。

男が女を部屋に連れ込むのは
ずばりセッ〇スが目的でしょ、とナナは思ったのでした。

ナナが育った環境は最悪でした。
狭くて汚い部屋の一室に閉じ込められて
ご飯もろくにもらえず
父親から暴行されセッ〇スを強要されていました。

すっかりあきらめ切って
暴力父の言われるままに従っていたナナ。

外出する父の、ちょっとした油断を
ナナは見逃しませんでした。

カギをこじ開け
命からがら裸足のままで逃げ出します。

疲れ果てて
道端にうずくまっているナナに
通りかかった石川は、警察に行こうと声をかけます。

警察なんか冗談じゃないと
逃げ出したものの体力がつきて倒れてしまいます。
石川は気を失ったナナをアパートへ連れていくのです。

なにか深い事情があると感じた石川が
とりあえずナナを連れ帰ったことが全ての始まりですね。

ナナが嫌がっていたのだから
警察にこのまま連れていくわけにはいかない、

そう判断した石川に優しさを感じます。

ナナにしてもごちそうになって
そのままじゃ心苦しい、
石川に借りを返さなくちゃ、と真面目に考えるのです。

ナナにできるのは
石川を性的に満足させてあげること
ほかに自分は何もできないから。

ふたりの、夜ごとのエロすぎるセッ〇スが始まります。

小桜クマネコのガリガリ娘 無料お試し読み

小桜クマネコのガリガリ娘はブッコミで無料お試し読みができます
こちら↓

101059220_BookLiveコミック【AC】ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして※スマホ専用

おもちゃのように自分の体を差し出すナナ

なんでそんなに上手なんだ

はじめてナナにフェラされた時の石川の言葉です。

じっくりと石川のち〇ぽを
指で触りながら反応を観察して
感じやすいところを探し当てます。

器用に舌をつかって舐めまわすナナ。
我慢できずについに〇精してしまう石川。

もう充分に濡れたから
私の穴に入れてもいいですよと言って石川を驚かせます。

ナナにしてみたらセッ〇スは父に無理やり強要され
教え込まれた日常生活の一部なのですね。

石川はなんでそんなにフェラがうまいんだ、
ほかの男ともやっていたのかとナナの境遇を想像します。

ナナは羞恥心もなく
石川の前にうつ伏せになり、おしりを突き出します。

ガリガリに痩せているナナの体、
下半身は意外にもがっしりしていると思う石川。

まだそんなに立っているんだから
さっさと入れて出しちゃえば

まるで他人事のように事務的に
ナナは石川に言うのです。

恐る恐る挿入した石川は動かします。

ずっちゃ ずっちゃ ずっちゃ

ナナの言葉に次第に早く動かしていくうちに

うっ う、うっ 気持ちいい

ついにビュルル と出してしまうのでした。

まだ元気そうな石川の様子に
今度は仰向けになって入れるように促すナナ。

早くご飯の借りを返したいからと誘います。
そしてすっかり疲れ切って眠ってしまうナナ。

石川は思うのです。
全てをあきらめているようで、
男はそんなものだと決めつけていて感じよくない

けど最初っからの性格とも思えない、
何か希望を持たせてあげたら、
きっと明るい子になると直感的に思ったのでした。

石川の、人を見る目はしっかりしていますね。
ナナのことを気にかけて冷静に見ています。

自分の境遇のことを
ナナは石川に打ち明けることはできるのでしょうか。

ddd

 

ddd

 

ddd

 

 

 

 

しずかをフォローする
小桜クマネコのガリガリ娘 ジーンとくるエロ漫画